画像アップのコツ/名刺作成 印刷「名刺くん」

  1. 画像アップのコツ

画像アップのコツ

名刺くんで画像アップするために、画像をプリントする際の一般的な知識と、名刺くんではどのような仕組みになっているかを、ご説明します。

このページを読んでもよく分からない場合や、お困りの場合は、直接ご相談に応じますので、お問い合せ下さい。

■ 名刺くんでアップできる画像の種類と制限サイズ

写真、ロゴマーク、背景デザインなど、すべて画像としてアップして頂けます。

画像のファイル形式は GIF、JPEG、PNG の3種類のみですので、それ以外の形式の場合は、画像ソフトなどで変換してください。透過GIF、透過PNG(背景が透明の画像)はご利用できません。

よく分からない場合は、アップロード操作をしてみてください。「アップする画像を参照する画面」に表示されるのはこの3形式だけなので、表示され選択できればアップができます。

※ここでは、画像の形式などについてはご説明を省かせて頂きますので、画像編集ソフトの説明などをご覧下さい。

また、画像1つにつきファイル容量は2Mbまで可能ですが、通信速度等の影響や、実サイズ(縦横の大きさ)が大きいと、サーバー処理でエラーとなることがあります。

■ 画像とプリントの一般的な関係

よくご存知ない方へ向けてご説明します。

皆様もご経験があると思いますが、ホームページなどをプリンタで印刷すると、ほとんどの場合、写真や画像の部分は画質が悪く、ぼやけた印象でプリントされてしまいます。

パソコンの画面では綺麗に見えるのに、なぜ綺麗にプリントできないのでしょうか?

これには、パソコン・ディスプレイの解像度とプリンタの解像度の違いが関係しています。

ディスプレイは、光の点の集まりです。お使いのパソコンの仕様を調べていただくと、1024×768とか1280×1024という解像度が分かりますが、これが、ディスプレイの横縦の点(ドット)の数です。

ホームページの画像やデジカメ写真も、点の集まりでできていて。1つの点をピクセルという単位で呼んでいます。ピクセルという単位は、携帯やデジカメの写真を撮る時の大きさ設定でも使っている単位なので、お馴染みかと思いますが、デジカメ写真を800×600ピクセルで撮った場合、そのままパソコンのディスプレイで表示すると、ディスプレイの800×600ドットを実物大として表示します。

つまり、横800個×縦600個の小さな四角形に色をつけて表示してるということになりますが、ディスプレイ上の画像は、光で表示しているので、四角形が並んでいるようには見えず、綺麗に表示されます。

ところが、これを実サイズでプリントすると、プリンターの場合は1つ1つの四角形がきちんとプリントされてしまい、いわゆるモザイクのようになってしまいます。

プリンタの解像度はdpiという単位を使いますが、ディスプレイの1つの点の大きさよりも、もっともっと小さな点の集まりによってプリントしていますので、もっと密度の詰まった画像でないと綺麗に印刷できないということです。

ワードや年賀状ソフトに画像を貼り付ける場合などでご経験のある方も多いと思いますが、画像をプリンタで綺麗に印刷したい場合、大き目のサイズの画像を挿入してから、ソフトの画面の中で縮小すると、より密度が高い画像としてきれいにプリントできます。この時、ディスプレイ上ではドットの大きさ以下の密度を表現することはできませんので、見た目は密度が高いという印象なく、逆に画像が荒れて見えてしまうこともあります。

この違いは一度原理を理解できると、パソコン操作に大変役立ちますので、ご存知なかった方は、ワードなどで試していただくとよいかと思います。

■ 名刺くんでの画像アップ

デザイン制作画面で画像をアップしていただくと、アップロードされた画像をサーバーに保存後、デザイン枠にその画像が表示されます。

この時、アップロードされた元画像の大きさを、上記でご説明したように、最終的に名刺くんで印刷する時に、綺麗にプリントするために最低限必要な大きさに自動調整して表示しています。

つまり、名刺くんでアップロード後にデザイン作成画面に表示された大きさが綺麗に印刷できる大きさであり、これを縮小するのは良いですが、拡大してしまうと画像が綺麗に印刷されないことがあります。

コツ!アップした画像は、デザイン作成画面で拡大しない。

少しの拡大ならば大丈夫なようにあらかじめ余裕を持たせていますが、各辺2~3割程度までにして下さい。

大きなサイズの画像をアップをする方がよい?

大きなサイズの画像をアップしても、そのサイズがシステム上の名刺原稿のサイズを越える場合は、サーバー内で画像を自動処理して縮小します。

この自動縮小によりかえって画像が荒れてしまうこともありますので、サイズが大きければ大きいほど良いということではありません。

画像が小さいので拡大したい場合

アップする元の画像自体を編集して、大きくしてからアップしていただく必要があります。

但し、元の画像自体の形式によりますが、編集ソフトで大きくしてもそのソフトの中でモザイク様になってしまう場合は編集して拡大しても印刷結果は綺麗にはなりません。よく分からない場合は、編集した画像をそのままご自分のプリンタで印刷してみてください。ここの時点でモザイク様になってしまう場合は、よいプリント結果が得られないと思われます。

お困りの場合は、直接ご相談に応じますので、お問い合せ下さい。

このページのTOPへ