名刺のマナー/名刺作成 印刷「名刺くん」

名刺のマナー

名刺交換はビジネスの上でのマナー

新社会人さんや、名刺を持ちなれていない方 必見です!

■ 訪問した側が先に名刺を差し出しましょう。

○ 自己紹介しながら

○ 名刺は相手が見る方向に (自分から見たら逆向きです)

× 机の上に置き渡すのはダメ

× 片手で差し出すのはダメ

■ 汚れていたら、一枚しかなかったとしても渡さない。

○ 会社に戻ってから詫び状に名刺を添えて出すか、又は、すぐに持参しましょう。

■ 名刺を渡すのは一度限りではない。

むやみに何度も渡すのは失礼ですが、最初から数年たっている時や、新しい名刺に変わった時には渡しましょう。

■ 受け取るのも両手で

と言っても、名刺交換は、お互いが同時に名刺を差し出し合うケースも多いです。

この場合は、お互いが両手で差し出し合っているので、ほぼ同じタイミングで片手で受け取り合い、お互い手から離れたところで、もう一方の手をいただいた名刺に添えて両手で頂戴します。

■ いただいた名刺は、きちんと目を通す。

○ デスクがある時は、上に置いて丁寧に扱う。

× 名前も覚えていないうちに、いきなりポケットにしまっては失格です!

■ 商談などの終りのシグナル

相手の方が、書類や机の上を整理し出したり、時計を見たり、そわそわし出したらそろそろ終了のシグナルです。

次の約束など済ませて、いただいた名刺は手にとって 軽くいただくポーズをして名刺入れにしまいましょう。

× 訪問者から終りのシグナルを出すのは控えましょう。

このページのTOPへ